TOP > 各地域の治療 > 病院の選び方

病院の選び方


五十肩において、病院での治療は欠かせません。自宅でのリハビリはもちろん大切ですが、そのリハビリをより効果的にするにも、通院というものは必要不可欠になってきます。

病院では炎症を抑えたり、痛みを和らげたりする処置をしてくれます。主に薬物療法や温熱療法、ブロック療法などを行います。このように医学的なことは、自宅で自分一人では絶対に出来ないことなのです。

しかし、本当に五十肩の痛みがどうしようもなくなった時や、日常生活に大きな影響が出るようになった時に、やっと本格的な治療が必要だと感じる方が多いのではないかと思います。

また、その時は病院に通い、少し良くなってきたら治ったと思って、通院を止めてしまう方もいるのではないでしょうか。リハビリは続けなければ意味がないように、通院も続けなければ意味がありません。

五十肩を完治させるには、長い時間がかかります。1ヶ月や2ヶ月などの短期間で治るものではありません。個人差がありますが、人によっては三年以上かかる人もいます。

その間は、やはり継続的にリハビリを行う必要があります。途中でリハビリを止めてしまうと、余計に悪化してしまう場合もあります。五十肩を根本から治すにはリハビリをしっかりと行っておく必要があるのです。また、リハビリは再発防止にも繋がります。

五十肩は改善するまでの期間が長いため、通院期間も必然的に長くなります。あまり自分にとって合ってないと思うよう場所でしたら、思い切って別のところに変えてしまうことも必要になってくると思います。

五十肩を治すには自分が信頼出来る先生が必要です。大きな大学病院などでなくても、五十肩を専門に個人でやっている施術院なども多くあります。もしかしたら、ご自宅の近くにそのような施術院があるかもしれません。

もし、ご自宅の近くにそのような施術院があるのであれば、上手く利用して、自分の症状に合った方法で施術してもらい、焦らずゆっくりと治すのも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。



五十肩でお困りなら