TOP > 各地域の治療 > 北海道で探す方

北海道で探す方


五十肩の治療法の中で温熱療法というものがあります。慢性期の時期に有効なもので、温めることによって、痛みも和らぎ、肩を動かしやすくなります。そして、肩を動かしやすくなりますので、リハビリがやり易くなります。

五十肩は完治するまで、時間がかかるのが特徴ですが、その半分以上は、この慢性期の時期になります。ですので、五十肩は基本的に温めることが大事になってきます。

そこで有効なのが温泉です。温泉には必ずと言ってもいいほど効能の欄に「五十肩」と書いてあります。源泉の成分が肩の皮膚に付着し、保温効果を継続させるからという理由があります。

ですので、温泉に入ることはとても効果的な治療法のひとつと言えるでしょう。では、どの地域の源泉が五十肩に良いのでしょうか。寒い地域の源泉は五十肩によく効くと昔から言われております。

日本で寒い地域と言えば、東北地方と連想できますが、やはり一番寒い地域と言えば、北海道でしょう。実際、北海道の源泉は五十肩に良く効くと言われています。

湯の川温泉、洞爺湖温泉、定山渓温泉、ウトロ温泉、登別温泉といったところが代表的です。北海道にお住いの方は是非、この辺りの温泉を調べ、行ってみることをお薦めします。

温泉に浸かりながら肩を動かすというのも、とても良いリハビリです。実際にそのようなリハビリは病院などでは行われています。また、サウナに入るのもとても効果的だと言われています。

サウナは発汗作用を促すだけでなく、体全体の血流を促します。これにより、肩の可動域が広がりますので、一時的に肩周りの動きが良くなります。この間にどんどん肩を動かすようにします。

ですが、温泉やサウナは公共の場ですから、人がいない時行うようにしましょう。もし、リハビリを兼ねて行うのであれば、他の人の邪魔にならない程度に小さく動かしましょう。

日頃のリハビリに疲れてしまった方も、たまには環境を変えることも大事です。そのような方は北海道などへリハビリを兼ねて、旅行などに行ってみるのも良いかと思います。


五十肩でお困りなら