TOP » 治療法

治療法

五十肩の運動障害について


肩が痛み、上がらなくなってしまったということはないでしょうか。そのような症状が現れた場合、五十肩の疑いがあります。よく五十肩という言葉自体は耳にしている人も多いと思います。しかし、実際にどのような病気なのかというのは知らない人も多いのではないでしょうか。

五十肩というのはその名の通り50代の方がなりやすい肩の病気の一つです。この病気の詳しい原因というのは未だに分かっていないため予防などを行うことができません。ですので、症状を発症してしまった場合には、しっかりと治すということが大切になってくるのです。

この五十肩の特徴は肩の痛みと運動障害を引き起こすということにあります。運動障害とは肩の痛みよって、思ったように運動が出来なくなってしまうことを言います。肩が痛むというのは一定の年齢を超えれば誰でもありますが、肩が上がらなくなるというのはなかなかないと思います。

これが五十肩の特徴なのですが、さらに片側だけしか発症しないという特徴を持っています。両側の肩が上がらなくなったという場合には、運動障害だけでなく、別の病気が隠れている可能性があります。

五十肩は病期と呼ばれるものがありそれぞれの周期によって症状などが変わってきます。大きく分けると急性期、慢性期、回復期になります。回復期になれば痛みなどは消えるため症状は落ち着いていきます。つまり自然治癒が可能な病気というわけです。

では五十肩になっても病院に行かなくてもいいということかというとそうではありません。五十肩になってしまった場合、自然治癒をしても運動障害がそのまま残ってしまう可能性があります。

運動障害が体に残ってしまうと、腕などが上らなくなってしまったり、肩を思うように動かせなくなってしまうこともあります。もし、運動障害が残ってしまった場合、私生活にも影響し始めるので、問題があります。

こうならないためにも五十肩になってしまっても、運動障害が残らないようにしなければならないというわけです。五十肩は治すことはそれほど難しくないので、違和感を覚えたらすぐに専門家に相談するようにしてください。