TOP > 治療法 > テーピングについて

テーピングについて


五十肩の治療にはテーピングが効果的です。テーピングと聞くと、何か固定するようなことをイメージされるかと思いますが、実際はサポーターのように楽に肩を動かせるようにするものです。

楽に動かせることにより、リハビリもはかどるため、肩の可動範囲を取り戻すことが期待出来ます。他に、痛みの緩和にも効果的です。五十肩の治療で一般的なのは、「キネシオテーピング」というものです。別名「人工筋肉」と呼ばれています。

伸縮性に優れたテープを使って痛みを感じている筋肉を保護し、関節の動きを良くします。血行やリンパの働きも良くなり、痛みを和らげる効果もあります。

このようにテーピングは、五十肩に非常に効果の高いものなのです。しかし、貼り方を少しでも間違ってしまうと、効果はゼロになってしまいます。

自分で知っているという方でも、少しでも貼り方を間違えてしまうと、効果がなくなってしまうことがありますので、より慎重に貼っていくことを心掛けてください。

鍼灸院や整体院などで貼り方を教えてくれるところもあるようですので、しっかりと教えてもらってから、自宅で貼るようにすることが良いでしょう。

その他にも「スパイラルテーピング」というものも存在します。キネシオテーピングは血行やリンパの働きをよくする効果があります。

スパイラルテーピングは体のバランスを調整する神経に働きかけて、体のゆがみを正す効果があるようです。こちらも接骨院等で貼り方を教えてもらうといいでしょう。

また、肌が弱いという方はかぶれやすくなりますので、注意しながら行うようにすれば、試す価値はあると思います。その為に是非、間違いのないやり方を学びましょう。

貼り方をしっかりと教えてくれる整体院、鍼灸院、接骨院がありますので、しっかりと正しい貼り方を学んでから、自分で貼れるようになるのがベストです。間違っても自己流で行わないように注意してください。


五十肩でお困りなら