TOP > 五十肩 > 石灰化について

石灰化について


五十肩と症状が似た肩の病気は割と多くあります。その中でも、石灰化腱炎というものがあります。肩などの関節部分が石灰化していき、その部分に激痛が走るという病気です。

腱板にリン酸カルシウムの結晶が沈着することにより、炎症が起きて痛みを発症します。突然激痛に襲われる点は、五十肩の急性期の痛みに似ています。40代から50代の方の発症が多いところや、夜間痛がある面も似ています。

石灰沈着を発見するには、レントゲンやMRIを使用します。その場合は、石灰化腱炎と診断され、それ以外に何も異常が見つからない場合は、除外診断として五十肩と診断されることでしょう。

石灰化腱炎は放っておいても治ることはありません。むしろ、放っておけば症状はどんどん悪化していきます。症状が進行し、ステロイド注射でも効果がみえなくなった時は、手術を行うことがあります。

手術にならない為にも、やはり普段から積極的に治療するという姿勢が大事です。石灰化腱炎は完治までに1年程かかると言われており、すぐに治る病気ではありません。ですので、焦らずじっくりと治していくことが求められます。

治療方法としては、まず整形外科を受診して、診断を仰ぎ、その人の症状に合った、適切な治療を受けるようにします。そして、専門家の指導のもと、日々のリハビリをきちんと行うことが大事です。

ストレッチは治療だけでなく、治った後の再発防止、予防にも繋がるものです。また、体のバランスを整え、適切な筋力を体につけることも出来ます。適切な筋力をつけると、肩で補っている負担を筋力が補ってくれますので、症状改善に役立ちます。

また、その他にも血流を促す効果などもありますので、積極的にストレッチを行い、実践されることを、強くお薦めしたいと思います。


五十肩でお困りなら