TOP > 五十肩 > 放置しては危険な理由

五十肩を放置しては危険な理由


五十肩になると、リハビリが必要になってくることが常です。完治までにかかる時間は短いものではありません。その間、病院代やリハビリの手間などを考えると、多少の痛みは我慢をして放置してしまおうと、考える方も中にはいるようです。

また、初期段階を越えると痛みも少なくなりますので、楽観的な考えで放置してしまうという例も少なくはありません。しかし、五十肩は放っておいても、回復することはないということをしっかりと頭に入れておいてください。

よく、整形外科などで受診すると、「半年から一年もすれば治るだろう」と言われる方は多いようですが、それは医者の無責任の何物でもありません。

実際は老化した部分に合わせて他の機能も低下していき、結果的にバランスが取れてしまう故の錯覚なのです。痛い部分を痛まないように使って、ごまかしているだけなのです。

放っておけばおくほど、余計に肩は痛み、治るまでにより長い時間がかかってしまい、日常生活にも悪影響を及ぼしていきます。場合によっては後遺症が残ってしまうこともあります。

また、痛い部分を別の動きによってまかなっているのですから、肩以外の別の部分にも負担がかかってきます。そうすると、体全体のバランスを崩しかねません。体全体のバランスを崩してしまうと、様々な部分に悪影響を及ぼす恐れがあるので、注意が必要です。

出来るだけ早く痛みを取りたい、今まで通り、普通に肩を動かしたいという方は、運動療法をお薦めします。五十肩は放置すればするほど、可動域は狭くなり、肩は動きにくくなってしまいます。

痛みの峠は越えたから後は、放置しておこうという考えは捨ててください。五十肩の治療には初期段階での発見、早期治療が重要なのです。決して放置はせず、専門機関で治療を受けるようにしてください。


五十肩でお困りなら