TOP > 五十肩 > しびれについて

しびれについて


五十肩は痛みが激しいということもあり、痛みにばかり目がいきがちですが、しびれも五十肩の症状の一つです。肩が軋み、肩から腕にかけて痛みだすのと同じで、肩から腕にかけてしびれが走ります。

また、痛みは酷いけど、しびれはそんなに感じないという人もいれば、しびれが強くて夜なかなか眠れない、もしくは起きてしまうという方も中にはいます。

しびれの症状は急性期の時は痛みと同じように激しく、慢性期も痛みと同じように緩やかになっていきます。元々急性期の時はピリピリとした痛みなので、それがしびれのように感じるという方もいるようです。

ですが、正しい五十肩の治療をしていれば、しびれも次第に引いていきます。通院とリハビリを欠かさずに行うことが大切です。また、漢方薬などが効果的だとも言われています。

一度、担当医などに相談した上で、試しに飲んでみるのもいいかもしれません。ですがその前に、しっかりと通院をして、リハビリも無理のない程度に行うことが大切です。

リハビリはとても有効に働きます。痛みが激しい急性期の場合は安静にしていることが求められますが、ある程度痛みが引いた慢性期には、出来るだけ肩を動かすようにしてリハビリを行ってください。

多少の痛みを伴うかもしれませんが、そこはグッと我慢をして続けることが大切です。しばらく続けていると、肩関節の範囲が広がってきます。肩関節の範囲が広がれば、広がるほど血流も良くなり、改善に向かっていきます。

よく、ずっと安静にしている人がいますが、いつまで安静にしても改善の道はありません。ある程度、痛みが引いているのであれば、積極的にリハビリを行い、肩関節の周囲を動かすようにしてください。

最初は辛いかもしれませんが、リハビリや治療には根気も必要です。決して諦めることはせずに、前を向いてしっかりと治していってください。


五十肩でお困りなら