TOP > 関連ページ1

関連ページ1

五十肩の人が車を運転するときに注意すべき点について


五十肩による腕の可動制限は、日常生活のひょんなところでも現れてしまいます。特に生活の中でこれが出来ないと辛いという事で、車の運転があげられるのではないでしょうか。車の運転であればそこまで腕を上げたりする事がないので、出来そうなものに感じますが、運転席から後部座席のものをとる、大きな右折や左折のハンドルさばき、シートベルトを閉める動作など、車を乗るにあたって重要な事もできなくなることもあります。

ですので、車に乗る際はまず本当にしっかりと車の運転が出来るかどうかといった確認をする事が必要です。車に座ってみていつもするアクションを模擬で試してみて、実際に公道で車を走らせてみて駄目そうであれば、車の運転はしないにこしたことはありません。できることなら五十肩が治るまで避けたいものですが、どうしても必要であれば知人などに車の運転を任せるのも時には必要な事になると思います。

実際に五十肩になってしまうと、車の運転も辛く感じるようなことがあります。本人は意識していなくても、可動域が少ないために、危険な運転をせざるおえないような状態になっていることもあるので、なるべく無理をせず、適切なケアを取るようにしておくことが望ましい対処方法といえます。

無理な運転によって、事故を起こさないように、特に自分で五十肩という意識がある人は車の運転では十分に注意を払うようにしておくことが、五十肩の予防対策にもつながっていきます。実際に、五十肩の原因も長時間、同じ姿勢でいることが多い人に見られるので、そのような予防のためにも、意識して生活習慣を改善するようにしておくことが望ましいといえます。

五十肩を放置すると、痛みが慢性化してしまう可能性があるので、なるべく適切な予防措置を取れるように心がけることが肝心になります。そうすれば、五十肩の痛みを早いうちからケアできますし、五十肩の症状をさらに悪化させるなどのことを防ぐことにもつながるといえます。