TOP > 関連ページ1 > 針治療について

針治療について


あなたは針治療についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。一般的なイメージとしては、「痛みが強そう」という声が多いと思います。日常生活の中で皆さんが触れる針はおそらく注射針か、裁縫針くらいかと思います。どちらも刺されば痛いものですから、そのようなイメージを持たれても無理はありません。

しかし実際、五十肩に針を打つ場合、ほとんど痛みはありません。使う針は人の毛髪と同じくらいの細さで、針先も丸く、尖ってはいないものを使用します。更に刺し方も瞬時に針が皮膚を通過するというものでので、五十肩に詳しい専門家が行えば、決して痛みは少ないものです。

そして、この方法は五十肩の改善にとても効果的と言われ、最も効果を発揮する時期は五十肩の慢性期と言われています。激痛が治まって、鈍い痛みにより、肩を動かすのが辛いという時期です。この時期に最も効果のある方法だと言われます。

五十肩は、症状の時期によって、針の刺し方が変わってきます。五十肩の急性期は肩が腫れており、直接患部に針を刺すと悪化する場合が多いので、肘から下・膝から下・肩甲骨などにあるツボに刺します。

五十肩の慢性期は痛みも治まってきているので、患部に直接刺していきます。他にも患部以外のツボにも刺します。五十肩の回復期は動きの悪くなった患部に直接刺していき、筋肉の緊張を緩めていきます。

この方法はツボに刺激を与えるという面では、整体と良く似ています。違うのは、患部以外のツボも刺激するという点です。場合により、足のツボや痛まない方の肩のツボを刺していくということもあります。

今回、お伝えした方法は五十肩にとても効果のあるものです。整体や整形外科では補えないところも補ってくれます。ですので、ぜひ一度、鍼灸院に通ってみることをお薦め致します。


五十肩でお困りなら