TOP > 関連ページ1 > 肩関節周囲炎とは

肩関節周囲炎とは


肩関節周囲炎とは、四十肩や五十肩の正式名称のことで、ご存知の方も多いと思います。肩関節周囲炎は四十代以降の人に発症する確率が非常に高く、肩の激しい痛みや腕が上がらないなどの症状を引き起こすやっかいな病気です。

もし、肩関節周囲炎になってしまった場合、どのようにして治療していけば良いのでしょうか。肩関節周囲炎には急性期と慢性期という二つの時期があり、それぞれ治療法が大きく異なります。

まず、急性期は痛みが一番強く現れる時期で、いきなり激しい痛みが襲ってきて、肩を上げることが出来なくなってしまいます。発症した瞬間、このような状態になることも多く、急性期はとにかく肩を動かさないようにして、痛みが引くまでおとなしくします。

痛みが激しいときは、患部を冷やすのも有効です。ただし冷やしすぎてしまうと、治りが遅くなってしまうので、冷やしすぎには注意が必要です。肩関節周囲炎は急性期を乗り越えたら、次は慢性期に入ります。

慢性期はそれほど激しい痛みは出ませんが、鈍い痛みがゆっくりと続き、急性期よりも長く続きます。この時は患部を冷やさずに暖めるようにします。暖めることで、急性期に緊張しっぱなしだった筋肉をやわらかくし、血流を正常なものにしていきます。

この時期は特に肩を冷やさないようにすることが大切です。肩を出すような服装は控えるようにするなど出来る限り気を配りましょう。慢性期の時は急性期と逆に少しずつ肩周りの筋肉を動かしていくことが大切です。

痛みが出るからと動かさないようにしていると、筋肉が硬くなってしまい、逆効果となるので、軽い体操やストレッチを少しずつ行っていきましょう。肩関節周囲炎を回復させるには、慢性期の時、どれだけ正しい治療を行うかどうかに掛かっていると言われています。

医師など専門家に正しい治療法を学んで、治療に取り組めば、かなり早いうちに肩関節周囲炎を治療することが出来るでしょう。


五十肩でお困りなら