TOP » 関連ページ3

関連ページ3

五十肩は楽器などでも発症することがある


五十肩になるための条件は、体に負担がかかっていることです。この負担をかけないようにすることが五十肩にならないためのベストな手段です。しかし、それでも予期せぬ自体になり五十肩を誘発してしまう場合が在りますので注意してください。

女性の50代なんかにあると思いますが、初めての楽器を使用する機会が出てくることが在るでしょう。友達などに勧められたり、新しい自分を見つけるためだったりに初めて使うことがあると思います。楽器にもよりますが、これが原因で五十肩になる場合が在りますので、注意してください。

楽器は、結構繊細なもので、音を出すとしても色々と大変です。自分が思っている以上に肩に力が入ってしまい、五十肩の条件を満たしてしまう場合が在りますので、注意する必要があります。特に初めて扱う楽器は特に注意しないといけません。大体最初は「壊さないように」などと考えて力が入るケースが多いです。

楽器に慣れている人などならそのようなことが無いでしょうが、緊張し過ぎると大変です。それが原因で肩に負担がかかり五十肩を発症することがあるのです。肩にかけるものなども注意しないといけません。肩にかけることで、肩にはかなり負担がかかりますので、それが原因で五十肩になる場合があります。

特に重い楽器となると持っているだけで、相当負担になりますので注意してください。上記で説明したように、楽器で肩に負担をかける場合があります。故に、慣れるまでは、しっかりと肩への負担を考えて楽器を扱うようにしてください。

例えば、肩が疲労したと感じた場合は、一度楽器を置いて肩の筋肉を解すようにすると良いでしょう。それだけでも、かなり違いますので実践してみてください。ちなみに、練習後に疲労回復のために温泉やマッサージなどを受けることが良いと思います。このように楽器によって五十肩を発症する場合がありますので注意する必要があることを覚えておいて頂ければと思います。