TOP > 関連ページ3 > ホットパック

ホットパック


五十肩は急性期を越えれば、痛みが安静化してくることが多いですが、場合によっては痛みが落ち着かず、また、夜間痛などの痛みがぶり返すこともあります。

このような場合、五十肩の治療法として、とても有効なのが肩周りを温めることです。患部を温める治療を温熱療法と言いますが、この温熱療法のツールとしては、「ホットパック」がお勧めです。

ホットパックは五十肩だけでなく、腰痛や膝痛などにもよく使われます。また腰痛の症状である、椎間板ヘルニアの治療や脊柱管狭窄症の治療にもよく利用されています。

ですが、ホットパックは市販で販売されているものだけでも、とてもたくさんの種類があります。ですので、商品を選ぶ際は五十肩の症状に併せて用いますが、単に温めるというのではなく、その肩への感触や暖かさの伝わり方などをチェックすることが大切です。

例えば、種類によっては小豆が入っているようなものもあります。柔らかい布を使用して、小豆独特の臭いがリラクゼーション効果を高めてくれます。

使い方は商品によって異なりますが、ほとんどの場合、レンジなどで温めて患部に乗せる、という作業が必要になります。また、五十肩だけではなく、腰痛や膝痛などにも使用することが出来ますので、複数の症状で悩んでいる方は、利用している方がほとんどです。

また、ホットパックの代用品としては、ホットストーンなどがあります。リラクゼーションサロンやハワイアンエステなどでもよく用いられていますが、ホットストーンで温めながら効果的にマッサージなどをすると、他のものでは味わえないような熱の伝わり方が実感されます。

またその他に、五十肩には入浴も大切です。冬場は特に入浴をして充分に筋肉をほぐした後で、患部を温めると効果が増します。その他にはカイロもありますし、蒸しタオルで代用している方もいます。

カイロは常用できて便利ですが、低温火傷には充分に注意しなければなりません。衣服の中にセットする場合も肌着の上にしたり、ハンカチなどでたたんでから当てるのがよい方法です。

また、患部を温めた後の急激な冷しすぎは効果を半減させてしまいますので、最低でも肩当てやストールなどを利用して保温に努め、また、普段の日常生活から患部を冷さないように工夫をすることが大切です。

また、夏場なども肩を冷さないように、肩に空気が入らないような服装を心がけるのが五十肩にとってはとても良い治療法になりますので、心掛けてもらえればと思います。


五十肩でお困りなら