TOP > 病院・整形外科 > 薬について

薬について


五十肩に投薬治療は欠かせません。では、どのような薬が五十肩には効果的で、どのように作用しているのでしょうか。まずは、内服薬からです。

消炎鎮痛剤(非ステロイド鎮痛剤)というものが一般的で、炎症を抑えて痛みを緩和させる作用があります。筋弛緩剤というのも処方されることがあります。

これはインナーマッスルの拘縮を和らげる効果があります。実際に体内に入れる場合、空腹時に飲むことを避けましょう。降圧剤と同じでとても強く胃が荒れる原因になります。

また、外用薬は文字通り外から働きかけるものです。軟膏や湿布、など色々な種類がありますが、五十肩で用いられるのは主に湿布です。

激しい痛みを伴う急性期は温めることは厳禁なので、冷湿布と呼ばれるものが良く、痛みが引いた慢性期は、温めることに努めるので温湿布が良いでしょう。

ただ、やはり貼るものなので、はがれ易いというところは難点です。注射剤は鎮痛剤やステロイド剤などを使用することが多いです。ステロイドは特に効果的です。

しかし、その反面使いすぎると、肩関節の組織の性質を弱めてしまって、腱が切れやすくなってしまうという副作用もあります。ステロイドの使用は十分に気を遣って行わなければなりません。

五十肩の薬には形や種類、様々なものがあります。どれがいいかは素人が判断することはできません。当然、処方には医師の診断が必要です。

また、薬には副作用というものがつきものです。副作用の大きさはものによって異なりますが、多かれ少なかれ必ず副作用はあります。まずは、医師としっかり相談することです。

副作用が強く出てしまうなら、すぐに処方箋を変えてもらいましょう。自分に合った薬が分かるようになるということも、五十肩を治す上でとても重要になってきます。


五十肩でお困りなら