TOP > 病院・整形外科 > 湿布について

湿布について


五十肩の治療として投薬療法があります。投薬療法の中でも、薬の種類は主に内服薬と外用薬に分類されます。内服薬は空腹時に飲むと、胃腸障害が現れてしまう場合があるので、そこは注意すべき点だと言えます。

外用薬は貼付剤を用いることが多いです。貼付剤とは、一般的にいう湿布です。また、五十肩治療に大切なものの一つとして、温熱療法があります。

これは温めることによって、可動範囲の拡大を期待するものです。五十肩は急性期の場合を除き、一般的に患部を冷やすことは良くないと言われております。

では、湿布はどうなのでしょうか。五十肩に使われるものは、冷やすものと温めるものの、二種類に分けられます。冷やすものは、貼った時に冷たく感じる一般的な湿布のことです。

しかし、ここで用いるものは、冷却効果を期待するものではありません。抗炎症剤(炎症を止めて痛みを取り除く薬)が塗ってありますので、鎮痛作用が期待されるものです。

温湿布はトウガラシの成分が塗りこまれていて、このトウガラシの中のカプサイシンという物質が作用して温かく感じます。温熱療法の一環として捉えておいた方が分かりやすいかもしれません。

痛みが酷いときは冷やして痛みを抑え、痛みが引いたら、温めるという使い分けをします。しかし、湿布は薬ですので身体がなれてしまったり、皮膚がかぶれたりということも考えられます。

また、貼り薬ですので動いていると剥がれてきてしまうという難点もあります。何度も取り替えるのではなく、1日2回位の取り換えがベストでしょう。

しかし、ただ湿布を貼っておけば、五十肩が治るというものではありませんので、注意してください。あくまでも投薬療法のうちの一つです。本当に大切なのは、日々のリハビリですので、頼り過ぎないことを心掛けてください。


五十肩でお困りなら