TOP > 四十肩 > 治療について

治療について


四十肩、五十肩とも呼ばれる、「肩関節周囲炎」。肩の周りの組織が加齢に伴って衰えていき、そこから痛みが生まれ、どんどん肩の可動範囲が狭くなっていくという病気です。

四十肩、五十肩は俗称であって正式な病名ではありません。主に40代で発症する場合を四十肩、50代で発症する場合を五十肩と呼びます。呼び名が違うだけで、それ以外は何も違いはありません。同じ肩関節周囲炎という病気です。

同じ病気ということは、治療の仕方も当然同じということになりますが、まず通院とリハビリが主なものになります。どちらも欠かすことはできませんが、まずは、薬の処方や注射といった保存療法から始めます。

更に、病院にしか置いていない医療機器を使った理学療法も行います。電気療法、超音波療法、温熱療法といったものが主なものです。そして、保存療法の次はリハビリを行っていきます。

病院によっては作業療法士というリハビリ専門の方がいますので、その方とゆっくりリハビリを進めていきます。また、リハビリは病院だけで終わらせるのではなく、自宅でもしっかりとリハビリを行うことが重要です。

病院のように、しっかりとしたものは出来ないにせよ、肩の伸び具合を見て、ゆっくりと自分のペースで温めていくことが大事です。激しい痛みのない慢性期は、出来るだけリハビリに努めていきましょう。温めてからリハビリをすると、より効果的なものになりますので、お薦めです。

通院とリハビリ無しで、四十肩、五十肩が治ることはまずないと言っても過言ではありません。サプリメントの摂取や整体院、鍼灸院も有効な手段だと言えます。ですが、この手段は医師と相談した上で決めることが好ましいです。

五十肩は放置しておいて治る病気ではありません。また、改善まで長くて3年ほどかかる場合もあります。諦めず、粘り強く、積極的に治療をしていくという姿勢が大事になってきます。


五十肩でお困りなら